アイエンター

為になるコンテンツ

 

カロリー計算早見表

一日に必要な標準摂取カロリーから、毎日少しずつ摂取カロリーを減らしていけば、時間はかかりますが確実に体重は減ってきます。急激に体重減少を目指して、無理な食事制限を行えば、リバウンドする可能性が高まります。

 

そのため、一見遠回りに思えても、ダイエットは時間をかけて確実に行うのが一番です。一言で摂取カロリーを減らすといっても、様々な方法があります。カロリーの低い食事を摂るのもダイエット法の一つですが、今までと食事内容を変えずに、量を少しずつ減らしてみるという方法も有効です。

 

食事で摂取するカロリーを早見表にしているものがあります。これを参考にすれば、食事の時何を食べるとどのくらいのカロリーを摂取するのかが一目瞭然です。

 

例えば、お茶碗に軽く一膳盛られた白米はおよそ220kcal、ハンバーグは一人前でおよそ520kcalです。そこに、お味噌汁30kcalを足すと総カロリーは770kcalとなるので、ダイエット中の人は100kcalほど減らしてもよさそうです。

 

そこでご飯を全く食べないようにするのではなく、ご飯を半膳にし、ハンバーグを一口分残すなどしてみると、つらい我慢をせずにカロリーを減らすことができます。このようにカロリー早見表があると、大体の食事のカロリーがわかるので、効果的に摂取カロリーを減らすさいにも便利です。

 

カロリー早見表は、食事の歳の摂取カロリーが一目でわかる以外にも効果的な使い方があります。早見表を頭に入れておけば、食事のメニューを見ただけで、糖質や脂質の判断がおおよそつくようになるはずです。

 

健康面を考えると、脂質や糖質は全く摂らないのは問題がありますが、過剰な摂りすぎがよくないのも言うまでありません。

 

メニューを見た瞬間に糖質や脂質がかを判断できれば、控えたほうがよい食べ物だとイメージしやすくなり、結果的に過剰摂取を避けることができます。カロリー早見表はダイエットのお助け役として、一家に一冊あると便利なものなのです。

更新履歴

メニュー